コンサルティング営業 平野 円佳

一生懸命やっていても失敗するときもある。
ありのままの自分の姿を子どもに見せ、笑顔で前向きに生きているお母さんでいることが大事だと思います。

コンサルティング営業

平野 円佳HIRANO MADOKA

PROFILE

住まい
磐田市
家族構成
自分・子供3人(小4・小1・5歳 全員男の子)
活動内容
コンサルティング営業
活動時間
平日9:30~18:30

1日のタイムスケジュール

6:00
起床/身支度
6:45
長男次男起床/朝ごはん作り
7:15
三男起床/朝食
7:30
長男次男登校/片付け
8:15
三男を幼稚舎へ送迎して出勤
9:30
出社
18:30
退社
19:15
実家へ帰宅
19:30
実家で夕食を頂く
20:15
帰宅
20:30
息子入浴
21:00
息子就寝/洗濯回す
21:30
洗い物/長男次男の宿題チェック
22:00
入浴
23:00
自分の時間
24:00
就寝
コンサルティング営業 平野 円佳

現在のお仕事・活動の内容を教えて下さい

採用・人事コンサルティングを行う会社で営業兼事務をしております。

活動を始めようと思った「きっかけ」は?

前職から転職をしようと思った時に、子供がいるということで思うように就職先が決まりませんでした。そんな中で出会った今の会社の求人広告。『ちょっとばかりの愛嬌と最後までやり抜く根性』というキャッチフレーズに惹かれ応募しました。当時の私と同じように働きたくても思うように働けない女性の就労支援が出来ればと思っています。

活動中、子どもはどうしているの?

小学校・幼稚舎
お迎えは近くに住む実家の母へお願いしています。

コンサルティング営業 平野 円佳

子どものことで困ったことは?どのように対応したの?

元々忘れっぽい性格な上、兄弟三人分の提出物や行事を把握するのが大変。
そんな頼りない母なので子供たち自ら「明日は○○の提出日だよ」「金曜日は給食ないよ」と教えてくれます。
とにかく家族に助けてもらいながら仕事させてもらっています。

家族から協力を得る「コツ」を教えてください。

できない自分を隠さないこと。自分の身の幅で人に施すこと。私にできることは何でも引き受け、私にできないことは素直にお願いする。(平日実家でご飯を食べさせてもらうので、休日は私がご飯担当というように当たり前ですができることをやる)

実際に活動を始めてみて、「今の気持ち」は?

子育てだけをしていたときは「頑張っても認めてもらえない」「自分には何も価値がない」とネガティブな思いばかりでした。
働き出して思うことは周りへの「感謝」。こんな気持ちに気付かせてくれた今の環境や周りの人へ感謝しています。

他の子育てママに「応援メッセージ」をお願いします

お母さんだから何でもできなきゃいけいない、お母さんだからいつもしっかりしていなければいけない。そう思って生活していると子どもも大人になった時に同じようにプレッシャーの中で生きてくことになります。
わたしは一生懸命頑張っていればみんなが応援してくれる、一生懸命やっていても失敗したりうまくいかないときもある。そんなありのままの自分の姿を子どもに見せたいと思っています。
こんな私でもなんとか仕事と家庭の両立はできています。仕事でもいいし家事でもいい。笑顔で前向きに生きているお母さんでいることが大事だと思います。

平野さん、応援メッセージにご協力頂き、ありがとうございました。

セミナー&イベント情報メール配信登録