2015年 07月 09日(木)

子どもが小さくてもできる♪ママの新聞読みテクニック

前回、こんな記事を書きました。

働きたいママに、新聞が”超面白い実用雑誌”になる理由

 

でも、新聞を読みたいと思っても、

「そもそも自宅で取っていない」
「子どもがいては邪魔されて読めない」

、、、こんなケースもありますよね。

 


今回は、

『子どもが小さくてもできる♪ママの新聞読みテクニック』
について、書いてみたいと思います。

 

 

紙面を毎日全部読まなくても、いいんです。
気になる記事だけチェックしましょう。

情報アンテナを高めることが目的ですから♪


◎自宅で新聞をとっていないケース

 

そんな方には図書館、おすすめです。
無料で、いろんな紙面がたくさん読めます。

 

子どもが幼稚園や学校に行っている間に、ゆっくり足を運ぶのも良し。
お散歩がてら、抱っこやベビーカーで立ち寄るのも良し。

 

コーヒーでも出てくると最高なんですが(笑)。
※コメダなどのコーヒー屋さんも新聞が置いてあるので、いいかもしれません。


図書館の良いところは、レアで面白い新聞が置いてあるところです。


ファッション、グルメ、クッキングや流行の家電などが好きな方には、
『日系流通新聞(日経MJ)』がイチオシです。

写真もカラフル、女子が大好きなトレンドがピックアップされていて、
本当に雑誌感覚です。

 

 

 

◎子どもに邪魔されてゆっくり読めないケース

 

子どもが小さいと、新聞を広げる時間が無かったり、
新聞を広げると上にダイブ!遊ばれちゃって読むどころではない、
そんな状況ですよね。

 

対策は、、、

 

①気になる記事はスマホでパシャ、後で読む

 

最近の携帯カメラは画質が良いですね。
紙面を写真でとっても、拡大すれば文字も十分に読めます。

 

さーっと紙面をめくって、気になる見出しの記事だけ「パシャシャシャシャ…」と
撮影しておき、
後でゆっくり読みましょう。

 

ごろごろしながらでも読めますし、外出先のちょっとした待ち時間にもGOOD!

 


②いっそ、新聞紙で遊ばせちゃう

 

読み終えたページ、または読まないページを、
1面だけをはらりと渡しちゃいましょう。

 

ビリリと裂くのを楽しませたり、
ボールに丸めて投げてみたり。

 

子どもとの遊びと、ママの実益をかねた新聞タイムに。

 

  ↓↓マンガのはじまりはこちら


さいごに、教育熱心なママにおすすめ、
「こども新聞」についてまとめてみました。

 

最近は、小学校でも新聞を取り入れた教育(NIE=Newspaper in Education)が
盛んです。

 

子どもに、社会のいろんなことへの関心を持たせると同時に、
そんなニュースを

「子どもでも理解できるくらい分かりやすくまとめている」

のが、子ども向け新聞です。

 


実は私も読みたいなあと思っています。

 

親子で新聞を読みあうなんて、素敵ですよね~。

 


朝日新聞「朝日小学生新聞」
http://www.asagaku.com/shimen.html

>親向けの「読み方ワンポイントアドバイス」なんてコンテンツも
 http://www.asagaku.com/yomikata.html

※CMの「しつもん!ドラえもん」のコーナーは、朝日新聞本誌の連載コーナーのようです。
 http://info.asahi.com/dora/backnumber.html#Q20

 


中日新聞「中日こどもウィークリー」
http://www.chunichi.co.jp/kodomo_weekly/

>ウェブで試し読みができます。ブタのキャラクターは「まなぶぅ」…。
 http://www.chunichi.co.jp/kodomo_weekly/try.html

 


静岡新聞「こどもかがく新聞」
http://www.at-s.com/blogs/kodomomirai/newspaper/index.html

※単独の紙面ではなく、静岡新聞日曜版「YOMOっと静岡」の中面に掲載されるようです。

 


読売新聞「読売KODOMO新聞」
http://www.434381.jp/kodomo/

>なんとビックリ!小学生のファッションページまで★
 http://www.434381.jp/kodomo/jpg/kodomo_0003.jpg

 


いかがでしたでしょうか^^

ママならではの、新聞楽しい活用術でした。

 

セミナー&イベント情報メール配信登録